Gaussianで複合的な基底関数を使う例。

%nprocshared=16
%chk=mol.chk
%mem=24GB
#p ub3lyp/Gen scf=(maxcycle=400)
gfinput pop=full

iron metal porphyrin-bridge-cupper complex

1 1
Cu   8.273873      1.157983      -0.530262
Cu   6.679951      -0.665822      -0.293468
C   9.161808      5.035061      -2.179335
C   8.254118      4.039180      -2.080807

H   -3.910291      8.883800      2.573516
H   8.594102      1.343646      5.470718
C H N O S 0
6-31G(d,p)
****
Cu Fe 0
LANL2DZ
****

 

poissondd について

日々感じたことを書いていこうと思います。 テーマは分子エレクトロニクスから、MemristorのBehavioral modelまでいろいろ。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中